子供の教育費

両親を含めて7人家族で妻と主働きをしていましたがなかなか貯金もできなくて子供が大学にいくようになりました。

奨学金を利用してと思いましたが学費の仕送りくらいは何とかなると思い入学金の借用を申し込み借りました。

当時50万くらいでしたが仕送りをしながら50万を3年間で支払っていきましたがこれは考えるほど甘い返済ではありませんでした。

はじめての車購入のときに体験したこと

当時23歳だった頃に、初めて自分で自動車を購入した。

その頃、働き始めたばかりで、まだ貯金もあまりなかったので、ローン会社から借り入れすることにした。あまり、色々なことを知らなかったので、車の販売元の人に話をきいた。

どうやら、今の会社で働いて1年以上でなければ、自分だけでは借り入れできないとのことだった。知らなかった。少し、ネットか何かで調べておけばよかったな。

本当は借りたくなかった、レイクでの体験談について

実はあまり借金というものをしたくなくて、常に現金での生活をしていました。

それもあまり算数が得意ではないので、お財布や通帳にお金がある方が分かりやすかったため、クレジットカードも作るのを躊躇し作っていませんでした。

あれは確か大学を卒業して2年目に出会った彼についてです。今思えば私は金づるだったと言えます。

生活のピンチを救ってくれたカードローン

私は、現在90万円程度の借金があり、毎月2万8千円を返済に充てています。

借入先はイオンカードのキャッシングが1万8千円、第三銀行のカードローンが1万円です。

何故お金を借りることになったのか、といいますと、職場のストレスからうつ病になり、最初は休職して傷病手当金と貯金で何とかしていましたが、思ったより闘病生活が長引いてしまい、1年6ヶ月で傷病手当も打ち切られることになりました。

借金なめてました!!

当時私立4年制大学3年生の秋。

年間100万円の学費を工面しきれなくなって困っていたところで、「金利が低いから」と当時の恋人に紹介されて近所の学生ローンに。

私は「借金」というか、そもそも金銭自体に割と頓着しないタイプ。

親にばれずに借金できた秘策、教えます。

 大学を卒業して実家に再び戻ることになった私は、今年4月から社会人になったものの、最初の給料日がゴールデンウィークが明けてからになるとは知らず、新生活準備と大学の卒業旅行で使ってしまい、携帯代とクレジットカードショッピングの口座引き落としでほとんど消えてしまうほどしかありませんでした。 

お金を借りて、GW明けの休みを楽しみたい!と思ったのです。そこで、「いかにして、借金を非常に嫌う親にばれることなく資金を融通できるか」ということを最重要ポイントとして、いろいろとカードローンについてパソコンで検索して情報を読み比べてみました。

最低借入金額が30万円になっている今回の目的とはそぐわない情報もありましたが、プロミスのほかにも、モビット、アコム、アイフルなどが競うように宣伝ページを作っていました。 

やむを得ずお金をレイクで借りた話

私が初めてお金を借りたのは2年くらい前の事です。

自営をしている主人の仕事が激減し、私も働きにでる決心をするのですが、仕事が決まるまでの生活費がどうしても足りなく、本当にこれだけは避けていたのですが、キャッシングすることになり、主人とレイクに足を運びました。

まず、最初に感じたことは入るとそこはシーンとしていて物音一つしないなんだか足を踏み入れては行けないところだと感じました。

友人とのお店の開店資金はお金がかかる

24歳男性です。高校時代の親友と何か会社を起ち上げたいとずっと話していました。

お互い違う大学に行ってからもその夢を諦めていませんでした。大学を卒業してから、相談をして、飲食店を経営することに決めました。

卒業までにお互い合わせて150万円ほど貯金をして集めたのですが、あと100万円ほど足りませんでした。

日々の生活費のために・・・

当時、結婚2年目。私自身は保母さんとして働いていて彼は普通のサラリーマン。

ところが「以前から夢だった」と彼は板前さんになりたい、と話し始め結局転職。お給料も月15万と言う修行の身になってしまいました。しかも勤務は午後から夜にかけて。

すっかり昼夜逆転してしまいすれ違いの生活状態・・・。最初のうちは手紙交換などで凌いでいたのですが、お給料の面も考えて、私も転職する事にしました。転職先は某英会話学校のスタッフ。

物欲が抑えられずついつい借りてしまいました

子供の頃は親が厳しくて欲しいおもちゃや服なんて滅多に買ってもらえませんでした。

その反動か、バイトが出来るような歳になると必死にバイトをしてお給料が出たらすぐ使い果たしてしまうような毎日を送っていました。

それは就職してからも変わらず、欲しい漫画や服や鞄に旅行などとにかく欲しい物行きたい場所があれば生活費なんて考えずに、物欲の赴くがままにお金を使っていました。

このページの先頭へ