やむを得ずお金をレイクで借りた話

私が初めてお金を借りたのは2年くらい前の事です。

自営をしている主人の仕事が激減し、私も働きにでる決心をするのですが、仕事が決まるまでの生活費がどうしても足りなく、本当にこれだけは避けていたのですが、キャッシングすることになり、主人とレイクに足を運びました。

まず、最初に感じたことは入るとそこはシーンとしていて物音一つしないなんだか足を踏み入れては行けないところだと感じました。

でも、意外にも返済に来る人は主婦が多く、私みたいなパターンの人なのかなと感じたこと。女性客が結構いたのが驚きました。

主人と個室に入り個人情報を打ち込み、色々とマイクで従業員と話しながら何とか審査までにこぎつけ、10万円を借りられました。

ただ、返済日を給料日に設定してしまったので給料日の何日か間をおいて設定すればよかったと後悔しました。お給料もらってすぐに返済するのは時間的にぎりぎりだと感じたからです。

日にちに余裕をもってかえすことがお勧めです。こういった生活を2.3か月続けました。

私の仕事が決まり、お給料がでて落ち着いた所でキャッシング生活とおさらばしました。

よほど困って借りないと利息で大変なことになるのでテレビでいう、「ご利用は計画的に。」という言葉がぴったりですね。

借りないことに越したことはないのですが。

このページの先頭へ