ギャンブルなど娯楽のための借金は危ない

二十代前半の頃、付き合っていた彼氏が借金癖のある人でした。

ギャンブルが好きで、いろいろな会社から借金をしていました。アパートは電気が止められたり、携帯が止められたりなんて、しょっちゅうでした。

今思うと、なんでそんなどうしようもない男と付き合っていたのか不思議ですが、当時はすごく好きでした。

だから、彼が借金がかさんでどうしようもなくなった時、お金を貸してほしいと泣きつかれ、とうとう私も借金デビューしてしまったのです。

彼は借金についてはプロですから、借り方は彼が説明してくれました。

初めて行ったのは、プロミスの無人契約機でした。自分には縁のない所だと思っていましたが、簡単にお金が手に入った時には少し嬉しくなってしまいました。

自分のお金だと勘違いしそうになるくらい、簡単に手に入るので、彼の気持ちも分かるような気がしてしまいました。一度借りてしまったら、もうその後はズルズルでした。

金額はあっという間に膨れ上がりました。彼とは些細な喧嘩で別れ、私には膨大な借金のみが残りました。

返済は、親に泣きつき何とかなりましたが、もう二度とあんな目には遭いたくないと思います。借金て、娯楽のために借りると本当におしまいですね。

このページの先頭へ